マイページ
会員登録
カートを見る

データ制作ガイド オリジナルピンバッジ編

主な注意点
■データ破損防止のため、必ずデータを圧縮してからご入稿ください。
■色の指定は、「PANTONE Solid coated」もしくは「DIC」でお願いします。
■デザインは実寸サイズで作成してください。
■デザインは全てパス(ベクターデータ)で作成してください。
■グラデーションは表現できませんので「単色ベタ塗り」でお願いします。
■フォントの置き換え防止のためフォントは全て「アウトライン化」をお願いします。
■画像の貼り付けのみの製作はできません。トレース等で全てのパーツを必ずパス化(ベクター化)していただく必要があります。


データ制作の流れ

①テンプレートをダウンロードして開く

下記の「入稿用テンプレートダウンロードはこちら」からテンプレートをダウンロードし、解凍して開きます。


②画像を配置する

テンプレート内、「元画像」レイヤーの所定の範囲に画像を配置します。
※必ず仕上り実寸で配置してください。


③ベース(金属部分)の輪郭を制作

画像の輪郭をペンツールでトレースして、ベクター化します。
※パスデータは「ベース(金属部分)」レイヤーに作成してください。


※抜きは表現できません。
※破損の恐れがありますので、ベースは細い部分ができないよう制作してください。


④インク色ごとにベクター化する

「髪の毛」や「目」、「リボン」、「上着」など、色分けしたいパーツを別々に全てトレースし、パス化(ベクター化)します。

※グラデーションは使用できません。必ず「単色ベタ塗り」でパス(ベクター)を作成してください。
※パスは交差せず、一筆書きの閉じた状態で作成してください。
※パスデータは「インク色」レイヤーに作成してください。
※細すぎたり、面積が小さすぎると表現できません。下記を参考にデータを制作ください。
(下記サイズを下回る場合は制作できません)

【ベース部分】

フチ 0.3mm
最細 線 0.2mm
最細 面 2mm四方

【インク部分】

最細 線 0.5mm
最小 面 1.5mm四方

⑤ベース(金属部分)の制作

ベース部分のフチ線幅0.3mm以上になるように調節し、パス(線)のアウトライン化をしてください。
(上部タブ:オブジェクト→パス→パスのアウトライン化)

アウトライン化した線をパスファインダーで複合化(合体)してください。

インクを流し込む部分をコピーし、③で制作したベース(金属部分)の、インクを流し込む部分をパスファインダーでくり抜きます

※パスデータは「ベース(金属部分)」レイヤーに作成してください。
※最終的には全て塗りにしてください。線で色を表現していた場合は再入稿となります


⑥色指定をする

1.ベースの色を選んで○をつけてください。
2.インクの色を「PANTONE Solid coated」または「DIC Colorguide」からお選びください。色チップ・カラー名は必ず記載してください。

※色チップ・カラー名は「インク色」レイヤーに作成してください。
※イラストレーターにPANTONE のプリセットは付属しないため、CMYKに置き換えた設定となります。


⑦サイズの表記

タテ(※1)ヨコ(※2)のサイズ表記を配置します。
※立体構造の指定、サイズ表記は「サイズ」レイヤーに配置してください。