アクキー・アクスタなどオリジナルグッズ製作なら「アクリルグッズの達人」

2023年2月の定休日
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
2023年3月の定休日
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Photoshop操作方法紹介

  • デザインを背景透過された状態で用意します。

  • デザインレイヤーを選択した状態で、透過されている部分を選択ツールで選択し、「選択範囲>選択範囲を読み込む」を行います。

  • デザインの輪郭を選択した状態で縮小(「選択範囲>選択範囲を変更>縮小」をクリックし、「縮小量」を「2px」にします。

  • 白押さえレイヤーを選択した状態でK100で塗りつぶせば完成です。

  • 画像のように、約0.1mm小さい白押さえが作成されているのを確認します。

  • 「パスパネル」から、作成した本体のカットパスと結合したいアタッチメント穴のパスを同時に選択します。(Shift を押しながら選択で二つ選択できます)
    選択するとキャンバスに両方のパスが表示されます。

  • 「パスコンポーネント選択ツール」でアタッチメントのパスを選択し、任意の位置に移動してください。

  • 「パスパネル」に戻り、アタッチメントのパスをカットパスと同じパネルにコピー&ペーストしてください。

  • 結合したいパス同士が同じパネルにあることを確認し、すべてのパスを「パスコンポーネント選択ツール」で選択してください。

  • 上部ツールバー「パスの操作」から「シェイプコンポーネントを結合」を選択します。

  • 画像のように結合されていれば、完成です!

  • デザインレイヤーを選択した状態で、「選択範囲>選択範囲を読み込む」を行い、透過されている部分を選択ツールで選択します。

  • 「選択範囲>選択範囲を変更>拡張」で「30px」と入力します。

  • イラストと点線の間が2mmです。

  • 「パス選択ツール」を使い、パスのアンカーポイントを移動・形の調整ができます。

  • 「ペンツール」でパス上をクリックするとアンカーポイントを増やすことができます。
    不要なアンカーポイントをクリックすると減らすことができます。

  • [ファイル]>[開く]より、使用するイラストをPhotoshopで開きます。

  • 「イメージ」>「画像解像度」で解像度の確認ができます。

    サイズが作成する商品のサイズ以上あり、解像度が350dpiになっている状態が推奨です。