マイページ
会員登録
カートを見る

データ制作ガイド ラバーストラップ編

主な注意点
■データ破損防止のため、必ずデータを圧縮してからご入稿ください。
■色の指定は、「PANTONE Solid coated」でお願いします。
■デザインは実寸サイズで作成してください。
■デザインは全てパス(ベクターデータ)で作成してください。
■グラデーションは表現できませんので「単色ベタ塗り」でお願いします。
■フォントの置き換え防止のためフォントは全て「アウトライン化」をお願いします。
■画像の貼り付けのみの製作はできません。トレース等で全てのパーツを必ずパス化(ベクター化)していただく必要があります。
■樹脂の特製上、色が少し暗く仕上る場合があります。予めご了承ください。


データ制作の流れ

テンプレートをダウンロードして開く

下記の「入稿用テンプレートダウンロードはこちら」からテンプレートをダウンロードし、解凍して開きます。


画像を配置する

テンプレート内、「元画像」レイヤーの所定の範囲に画像を配置します。
※必ず仕上り実寸で配置してください。


パーツごとにトレースしベクター化する

「髪の毛」や「目」、「リボン」、「上着」など、仕上り後色分けしたいパーツを別々に、全てトレースし、パスデータ化(ベクター化)します。
※グラデーションは使用できませんので、必ず「単色ベタ塗り」でパス(ベクター)を作成してください。
※1mm以下の塗り、線は再現できません。
※パスは交差せず、一筆書きの閉じた状態で作成してください。
※パスデータは「デザイン」レイヤーに作成してください。


アタッチメント取り付け穴を設置する

テンプレート内の「アタッチメント取り付け穴を、「ベース部分」のパスに設置し、複合化(合体)します。


色指定をする(PANTONE solid coatedへの変換)

全てのパス(ベクター)の色設定をPANTONE solid coatedへと変換します。色設定のチップ、PANTONEのカラー名は必ず記載してください。
※色チップ・カラー名は「色指定」レイヤーに作成してください。
※イラストレーターにPANTONEのプリセットは付属しないため、CMYKに置き換えた設定となります。
カラーコードの検索はこちらを参照ください。
http://www.pantone.com/color-finder


立体構造とサイズの表記をする

立体構造(ベースと各パーツの高さ設定)の表記(※1)と、タテヨコのサイズ表記(※2※3)を配置します。
※立体構造の指定、サイズ表記は「立体構造・サイズ」レイヤーにて配置してください。